「株式概況」H30年12月

12月22日(土)日経新聞
世界弱気相場の足音「日経平均、2万円割れ寸前」
一般に高値からの下落率が2割を超えると、弱気相場に転換したと見なされるが、欧米各国の主要株価指数が最近相次ぎこの節目に近づいている。米PIMCOは「2019年に世界経済の同時減速」が始まると予測。FRBは19日、利上げ路線を堅持する考えを強調。市場の警戒感と逆行し、対話能力に疑問も浮上し、対話能力に疑問も浮上している。
12月21日(金)概況
前日比
騰落率
前日比
騰落率
20166.19
-226.39
-1.110%
1488.19
-28.97%
-1.909%
 
 
売買高
売買高上位10銘柄占有率
騰落レシオ
ドル/円
206731万株
28.0%
68.95%
111.27円
4502円
36980円
新発10年国債352回
空売り比率
貸株融資倍率
NYデウ
0.040%
42.2%
0.96%
11.25%
1.04%
 
連日で年初来安値
米景気減速への不安で前日の米株式相場が大幅に下落し、海外投資家などの売りがでた。
パッシブが招くリスク「下げ局面、資金流出警戒」
パッシブ運用とは、日経平均などの株価指数と連動した運用成績をめざす投資手法。指数下落→パッシブファンドからの資金流出→一段の指数下落のスパイラルが起きれば、損失穴埋めの日本株を売る動きが出る。
株、下値は1万9000円目安「日経平均見通し」
 
12月26日(水)日経新聞
日経平均1010円安、2万円割れ「株安連鎖 中銀に試練」
株式が売られる一方、「安全資産」とされる国債は買われた。長期金利の指標となる新発10年物国債の利回りは一時、約1年3カ月ぶりにゼロ%まで低下(価格は上昇)した。「恐怖指数」とも呼ばれる米VIX指数は24日、前週末比で20%上昇。18年2月以来、約10カ月ぶりの高さになった。社債市場では債務不履行が増加するとの懸念からCDX指数が上昇している。
FRBは19年中に2回の利上げを見込む。量的緩和で供給されるマネーも19年初めにも減少に転じる見通しだ。日銀が量的緩和を続けても全体ではマネーの量は減少してしまう計算だ。緩和マネーの供給が株価を含むリスク資産の価値を押し上げてきたため、投資家は警戒感を募らせている。
マネー逃避 長引く恐れ「株安連鎖→国債・金に買い」
商品市況ではリスク資産の性格を持つ原油の下げがきつい。「政府に依存せず価値を保てる資産」である金は6%強上昇。「世界で最も信用力が高い」とされる米国債も買われ、9月末に3%を超えていた10年物の利回りは足元で2.7%台まで低下している。日本国債も10年物の利回りは一時ゼロ%まで低下。外為市場でも「安全通貨」と扱われることの多い円が買われた。SMBC日興証券は19年には円相場が「104円」まで上昇する可能性があると予想。「米景気の失速」でFRBの利上げ路線が行き詰まり、日米金利差が縮小するとみる。
買い手少なく日本株失速「海外勢売越額、31年ぶり高水準」
海外投資家の売越額は5兆円と、31年振りの規模に膨らむ一方、買い手は日銀に限られ需給面の弱さが浮き彫りになった。
12月25日(火)概況
前日比
騰落率
前日比
騰落率
19155.74
-100.45
-5.010%
1415.55
-72.64
-4.881%
 
 
売買高
売買高上位10銘柄占有率
騰落レシオ
ドル/円
171656万株
27.6%
65.64%
110.29円
4496円
33120円
新発10年国債352回
空売り比率
貸株融資倍率
NYデウ
0.010%
42.6%
0.91%
10.71%
0.99%
 
大幅続落、輸出関連安い
心理的な節目とされる2万円を大きく割り込む。トランプ米大統領政権運営不透明感からダウ急落し、投資家のリスク回避が強まった。外為市場では1ドル/110円近辺まで円高が進行し、輸出関連株が売られた。
PBR1倍割れ 行き過ぎ?
PERの下振れは「企業業績の今後の減益を市場が織り込んでいる」と説明できるが、PBRの1倍割れは企業業績が全体で赤字にならない限り、理論的には説明できない。経験則が通じるなら日経平均の1株あたり純資産である1万9300円台は下値メドにある。
 
12月27日(木)日経新聞
経営計画・リスク明記「有価証券報告書に」
取締役会で議論した事業戦略やリスク、株主還元策などを明記し、経営の方向性を詳細に示すよう求める。上場企業の情報開示を強化し、中長期の投資マネーを呼び込む。19年3月期決算の企業から新指針に基づく記載を促す。経営会議で議論した経営戦略ごとの投資計画や優先課題などの明記を求める。為替変動や訴訟など判明している経営上のリスク開示・株主還元のあり方など資本政策の開示も促す。
FRB、市場と溝深く「景気は堅調利上げ継続の構え」
利上げ政策は市場に比べ強気な景気見通しが根底にある。市場は2019年後半に米経済が急減速するとみるが、FRBは好調を保つと予測。利上げの副作用も過小評価する。
揺れる市場 追加緩和も「大幅株安・円高局面で実施例」日銀、政策修正余地乏しく
12月26日(水)概況
前日比
騰落率
前日比
騰落率
19327.06
171.32
0.894%
1431.47
15.92
1.124%
 
 
売買高
売買高上位10銘柄占有率
騰落レシオ
ドル/円
138826万株
25.0%
68.48%
110.43円
4513円
33880円
新発10年国債352回
空売り比率
貸株融資倍率
NYデウ
0.010%
46.5%
0.92%
10.80%
1.00%
 
自立反発を見込んだ買いが優勢
信用買い残が低水準「3カ月ぶり 個人が持ち高減らす」
減少は2週連続で、9月28日以来約3カ月ぶりの低水準。心理的な節目の2万円に迫る水準まで急ピッチで下落したため「買い持ち高を縮小する個人が多かった」。損失を限定するために保有株を手放す売りや、追い証を避けるための売りがかさんだ。
信用取引残高(東京)
 
売り残
前週比 買い残
前週比
544.116
28.113
2.233.203
-122.950
 
12月29日(土)日経新聞
緩和相場が終幕 1年で市場一変「来年、不透明感さらに」
株・債権・原油・・資産軒並み下落。株式と逆に動く債権もおおむね下落し、原油などの商品や不動産投資信託REIT)からも資金が流出。投資家が現金の代替えとして買うことの多い米国債の短期国債(3~6カ月)に資金が流入。安全資産の代表格である金は4%上昇。
日経平均7年ぶり下落「海外勢が大幅売り越し」
17年末比で2750円(12%)低い水準。6年間の上昇相場を支えた海外投資家が巨額の売り手に回った。海外勢の日本株売越額は約5.6兆円と1987年依頼31年ぶりの高水準。世界経済拡大の恩恵を受けつつ金融緩和をテコにした「アベノミクス相場」が名実ともに終わり、海外投資家は「低成長国である日本の企業への投資は積極的にならない」との見方を強める。その反対で買っているのは、日銀だ。上場投資信託ETF)を通じた日本株の買い入れ額は6.5兆円。頼みは日銀しかない状況だ。
長期金利がマイナス「1年3カ月ぶり」
新発10年もの国債の利回りがマイナス0.01%に低下。マイナスは2017年9月以来。米国では2019年に利上げが打ち止めになるとの観測が高まり、米10年債利回りも2.7%台に低下。
12月28日(金)概況
前日比
騰落率
前日比
騰落率
20014.77
-62.85
-0.313%
1494.09
-7.54
-0.502%
売買高
売買高上位10銘柄占有率
騰落レシオ
ドル/円
119506万株
25.6%
77.87%
110.41円
4537円
36000円
新発10年国債352回
空売り比率
貸株融資倍率
NYデウ
0.010%
47.4%
0.91%
11.22%
1.04%
 
投資部門別売買代金差額
 
個人(現金)
海外投資家
法人(委託)
自己
12月第2週
-83
-1613
2708
-2397
12月第3週
-1163
-3263
-1346
1750
 
利益確定売りで反落
持ち高調整の売りも目立った。大引けにかけて2万円の節目を意識したとみられる断続的な買いが入り、大台を維持して終えた。「東京市場が年末年始でしばらく休場となるため、積極的な買いは入いりにくかった」

「終わった人」 内館牧子 講談社文庫 900円 定年って生前葬だな。これからどうする?

大手銀行の出世コースから子会社に出向、転籍させられ、そのまま定年を迎えた田代壮介。仕事一筋だった彼は途方に暮れた。
生き甲斐を求め、居場所を探して惑い、あがき続ける男に再生の時は訪れるのか?ある人物との出合いが、彼の運命の歯車を回す。日本中で大反響を巻き起こした大ヒット「定年」小説!
 
2018.12.20
本編が映画化され、大ヒットしたとの本の帯につられ購入。
しかし、私にとっては特に心に響くものは何もなかった。今の時代、誰もが通過する定年。ある意味、まだ働けるのにという気持ちと裏腹にリストラに近い選択を余儀なくされる。現実はもっと悲惨な老後が待ち構えている。生活のために思い通りの仕事を選べず、それでも生きるために仕事に就く。悶々とした日々を送り、将来への不安の中、精一杯に生きる。主人公はあがき続けたのだろうか。どこか心の中に余裕さえあり、それが不倫の情景を描いている。

f:id:kanba-office:20181231084852j:plain

【一日一生】 (一日を一生のように生きよ、明日はまた新しい人生) 酒井 雄哉  朝日新書 700円

「一日を一生のように生きよ、明日はまた新しい人生」
現代の〝生き仏〟と称される酒井雄哉大阿闍梨の慈雨の言葉集。
生々流転を経て、比叡山千日回峰行を二度満行、いまだ歩き続ける。
なぜ生きるのか。
いかに生くべきか。
人生に迷うすべての人に。
 
「あせらず、あわてず、あきらめず、無理をしない」
「仏さんには、なんもかんもお見通しかもしれないよ」
現代の“生き仏”と称される酒井雄哉大阿闍梨の慈雨の言葉。なぜ生きるのか。どう生きるべきか。苦しみや死をどう受け止めたら良いのか。人生に迷い悩むすべての人に。
「あせらず、あわてず、あきらめず、無理をしない」
【著者紹介】
酒井雄哉(さかい ゆうさい
1926年(大正15年)9月5日 - 2013年(平成25年)9月23日 )
天台宗の僧侶。
大阪府生まれ。太平洋戦争時、予科線へ志願し特攻隊基地・鹿屋で終戦
戦後職を転々とするがうまくいかず、縁あって小寺文頴師に師事し、40歳で得度。
約7年かけて約4万キロを歩くなどの荒行「千日回峰行」を80年、87年の2度満行。
天台宗北嶺大行満大阿闍梨、大僧正、比叡山一山 飯室不動堂長寿院住職を務めた。
2018年6月12日
40歳で得度し、約7年かけて約4万キロを歩く荒行「千日回峰行」を80年、87年の2度満行。 以前から読んでみたい本であった。 その理由は無心な満行と行動にあり、年を取ってからの実行力に魅せられる。 活字が大きく一日で読み切る。 一日が一生であり、結果として明日が訪れる。 無欲が故に充実し明日がないから今日が精いっぱい生きられる。 とても真似が出来る事ではないが、一日が駄目ならせめて今、この瞬間だけでも頑張ってみたいものである。

f:id:kanba-office:20181120233121j:plain

 

【スタバCARD 北海道(HOKKAIDO)】を函館赤レンガ倉庫でゲット!

f:id:kanba-office:20181118150209j:plain

2018年11月11日、北海道新千歳に着き、レンタカーで一路函館へたどり着く。
五稜郭に寄り、函館夜景を楽しむ日没までの空き時間を、金森赤レンガ倉庫で散策する。
ここまでの長旅のせいか、疲れが一気に押し寄せ、休憩を兼ねて喫茶店を探していたら、スターバックスにたどり着いた。

f:id:kanba-office:20181118150955j:plain

f:id:kanba-office:20181118150344j:plain

なんと洒落た佇まいなのか。窓際の席に座り、以前から是非欲しいと思っていた、北海道限定のスタバカードを購入し、「クリスマスストロベリーケーキフラペチーノ」を注文する。

f:id:kanba-office:20181118150534j:plain

2つの願いが叶い至福の時を過ごす。窓から見える函館の煉瓦倉庫、夕暮れ時の北海道ならではの哀愁。そして一足早いクリスマス気分。
一気に疲れが吹き飛び、さて函館夜景を満喫してこようっと!

f:id:kanba-office:20181118151153j:plain

こちらは以前に夏バージョンとして2018年花火を購入した時のスタバカード

f:id:kanba-office:20181118151419j:plain

【metsa(メッツァ)】北欧スタイルのメッツァビレッジがオープン!ムーミンバレーパークは3月16日

営業時間:10時00分~21時00分(不定休)
入場:無料
アクセス:西武池袋線飯能駅下車、北口1番乗場より「メッツァ」直行バス(200円)15分で到着
     JR八高線東飯能駅下車、東口2番乗場より「メッツァ」直行バス(土日祝のみ)あり。
イカー:狭山日高ICから県道262号線経由5.4km。
駐車場:有料・・事前予約および時間貸の2タイプあり
住所:埼玉県飯能市宮沢327-6メッツァ

f:id:kanba-office:20181117093533j:plain

森と湖に囲まれた空間で北欧ライフスタイルを体感。
メッツァとはフィンランド語で「森」という意味。先行してオープンするメッツァビレッジでは、北欧の味、スタイルを楽しめるレストランやマーケット、自然豊かな宮沢湖ならではのアクティビティやワークショップが続々展開。

f:id:kanba-office:20181117093651j:plain

ムーミンバレーパーク」は2019年3月16日、オープン!
ムーミン屋敷や物語を追体験できるアトラクションなど、原作者トーベ・ヤンソンが描くムーミン物語の世界観を忠実に再現。世界最大級のムーミンギフトショップにも期待大。
 

f:id:kanba-office:20181118120949j:plain

2018年11月16日、平日ながら天気が良いためか、たくさんの人が訪れている。午前11時に西武池袋線飯能駅に着き、メッツァで食事が出来ない場合を考えて、菓子パンを購入する。北口から発車する直通便のバスに乗車。バスは空いており、内心ではまだ知られていないのかな?と思う程であった。10分程度バスに揺られ、正門駐車場についてビックリする。大駐車場があり、満車の駐車スペースもある。ここは都心から少し離れていることもあり、マイカーでのアクセスが多いようだ。

f:id:kanba-office:20181117093805j:plain

ここ宮沢湖は以前には遊具があり、子供達をつれて遊びに来たことがあり散歩路というイメージと、最近では湖の入口端に「喜楽里」というお気に入りの温泉があり、冬場には何度か訪れる私にとって定番のお風呂ある。
それが、しばらく来ないうちに様変わりしていた。

f:id:kanba-office:20181117093854j:plain

バスを降りて正面エントランスロードを下って行くと、眼前に宮沢湖が現れる。左には「インフォメーション」棟、右には「マーケット」棟・「レストラン」棟があり、まさに北欧の雰囲気に包まれる。
以前の「宮沢湖」が様変わりし感動する。愛犬をつれて来ている人や老夫婦・カップルと様々な人がいて幅広い年代層がきているようだ。

f:id:kanba-office:20181117094009j:plain

マーケット棟に入ってみた。ここは地元食材や名産品が購入でき、また外のテラスでちょっとした食事ができる。

f:id:kanba-office:20181117094209j:plain

さっそくジンのお酒とサイボクのトンテキを買い軽い食事をする。実に気持ちがいい!

f:id:kanba-office:20181117094335j:plain

f:id:kanba-office:20181117094435j:plain

マーケット棟はレストラン棟と続いており、2階へあがる。こちらは北欧の雑貨がところ狭しと並びどれも目を奪われる。なぜか北欧の雑貨には心暖まる気がするのは、私だけなのだろうか。

f:id:kanba-office:20181117094610j:plain

f:id:kanba-office:20181117094718j:plain

屋外レストランの棟は地面一杯にチップが敷き詰められ木の香りが心地よい。各ブースでは軽食が売られ、湖を見ながら食事ができるようだ。

f:id:kanba-office:20181117094827j:plain

次に湖面に沿い、対岸まで歩いてみるが途中で行きどまりとなってしまった。どうやら湖を一周することは今は出来ないようだ。

f:id:kanba-office:20181117095245j:plain

レストラン棟まで引き返し、反対のカフェ&雑貨まで歩く。ここにも北欧のおもちゃやぬいぐるみ、カップ等が売られどれも欲しくなってしまう。

f:id:kanba-office:20181117095343j:plain

イベント広場を通りカヌー工房、ボート乗り場へゆきメッツァの端にたどり着く。

f:id:kanba-office:20181117095503j:plain

ここから先はムーミンバレーパークとなる予定であるが、今はまだオープンになっていないので、その日を楽しみに帰路に就くこととした。

f:id:kanba-office:20181117095149j:plain

【失踪者】この結末、仰天からの”号泣”!空白の10年、氷漬けになっているはずの親友は年老いていた。

【失踪者】(空白の10年。氷点下に閉ざさなければならなかった、謎に包まれし親友の”秘密”とは!) 下村敦史(講談社文庫:780円) 

この結末、仰天からの”号泣”、傑作下村ミステリー感涙度No1!
十年前の転落事故でクレバスに置き去りにしてしまった親友・樋口を迎えに、シウラ・グランデ峰を登る真山道弘。しかし、氷河の底の遺体を見て絶句する。氷漬けになっているはずの樋口は年老いていたのだ!親友に何があったのか。真山は樋口の過去を追う。秘められた友の思いが胸を打つ傑作山岳ミステリー。
 
下村 敦史
1981年京都府生まれ。2014年に『闇に香る嘘』で第60回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。同作は「週刊文春ミステリーベスト10 2014年」国内部門2位、「このミステリーがすごい! 2015年版」国内編3位と高い評価を受ける。同年に発表した短編「死は朝、羽ばたく」が第68回日本推理作家協会賞短編部門候補に、『生還者』が第69回日本推理作家協会賞の長編及び連作短編集部門の候補となった。他の作品に『難民調査官』『サイレント・マイノリティ 難民調査官』の「難民調査官」シリーズ、『真実の檻』『失踪者』『告白の余白』『緑の窓口 樹木トラブル解決します』『サハラの薔薇』『黙過』がある。
 
2018年11月09日
ズバリ、帯にあるように傑作作品だった。感涙まではゆかなかったが、読み終えてからの胸に沁みる悲しさに涙とはまた違った感動を残してくれた作品だった。私にとって山と男の友情のダブル琴線はグイグイと没頭させられた。作風も現在・過去と実に旨く交錯し、全く飽きさせない。推理といってもある程度の読みができるものの、事実に近づくにつれその裏にある心の強い思いが、山岳小説だけに命を込めた確かさに思え感動に変わる。山岳小説といえば新田次郎であるが、それ以上と思わせるほどであった。そして私にとって、またいつか再度読み返したい所蔵書になった。

f:id:kanba-office:20181110205703p:plain

イノダコーヒー (京都府京都市)

住所:京都府京都市中京区堺町通り三条下る道祐町140番地
営業時間:7’00~19:00(無急)
創業:1940年(昭和15年

f:id:kanba-office:20180918222434j:plain

京都市に本社・本店を置くコーヒーチェーン店
赤いコーヒーポットの絵柄が商標に使われている。
画家でもあった創業者の猪田七郎が描いた「豆を運ぶロバと男」の絵柄も同社の象徴である。

f:id:kanba-office:20180918223145j:plain

京都で最も愛され親しまれる珈琲店で開店前から常連客で賑わっている。近年では観光客も多く順番待ちの状況。

f:id:kanba-office:20180918223030j:plain

2016年04月29日(H28年)本店
今回の訪京でも先ず一番に立寄るのは、ここイノダ本店と決めている。東京から車で夜発ちにて丁度京都に入るのが朝になる為か、京都の旅はイノダコーヒーから始まる。学生時代から変わらずこの朝の活気が好きで、朝の一仕事を終えた常連の御大が新聞を広げ読んでいる光景が今でも忘れられない。東京から友人が来た祭は必ずここに連れてきて、珈琲の旨さとフレンチトーストを自慢したものでもある。また思い出の一端として今では若い店員さんがウエイターをされているが、当時年配の蝶ネクタイをされたウエイターさんがたくさんいて凛として注文を聞きに回って来たのを覚えている。

f:id:kanba-office:20180918222556j:plain

2017年11月17日(H29年)本店

今回の旅もここイノダコーヒーから始まる。3泊4日の旅であるが、やはりこのイノダに寄りコーヒーとフレンチトーストを注文し一気に京都モードに切り替える。相変わらずの風景であり、これが私にとって最高のおもてなしでもある。いつもは7時台に入ることが多いのだが、この日は少し遅れて8時40分に入店する。いつもの駐車場は工事しており、店横の新しい駐車場に運よく1台スペースがあり、待たずに停めることができた。駐車場で地元の見知らぬ婦人から声をかけられ車のナンバーからどこからとの問いに、その方も以前同郷にて現在の私の住む街にいたとかで、少しの間立ち話をする。これも旅の良さであり縁である。店内は比較的にすいており、ゆったり今回の旅行の段取りを組む。

f:id:kanba-office:20180918223641j:plain

会計の際、お土産にグラスのコップといつもの豆を購入し、さあ次の目的地「神護寺」へ出発!

f:id:kanba-office:20180918222834j:plain