第6番「法隆寺」聖徳太子への信仰の聖地(奈良県生駒郡)

第6番「法隆寺聖徳太子への信仰の聖地(奈良県生駒郡

f:id:kanba-office:20180821225601j:plain

住所:奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1 TEL:0745-75-2555
拝観料:1500円 駐車場:
拝観時間:8時00分~16時30分
アクセス:法隆寺駅から徒歩20分(バスは5分で法隆寺門前バス停下車すぐ)

f:id:kanba-office:20180821225646j:plain

正式名:
山号:
宗派:聖徳院
本尊:釈迦如来
寺格:総本山
創建年:607年(伝)
別称:斑鳩

f:id:kanba-office:20180821225706j:plain

斑鳩の地に堂々とそびえる法隆寺法隆寺の南大門へとつづく参道を歩く。南大門前に出て正面に視線をやると、現存する日本最古の五重塔だ。日本に仏教が伝来したのが六世紀の半ば、千四百年ほど前だ。その後、蘇我氏物部氏の親子ニ代にわたる<崇仏派>対<排仏派>の争いがつづき、ついに用明ニ年(587)に蘇我氏物部氏を滅ぼす。飛鳥寺の建立は、その翌年に蘇我氏の手ではじまっている。日本最初の本格的な仏教寺院である飛鳥寺につづいて、聖徳太子によって創建されたのが、法隆寺と大阪の四天王寺である。
*
法隆寺といえば、世界最古の木造建築の寺であり、日本における世界遺産の第一号でもある。(百寺巡礼:五木寛之より)
 
未訪寺