【metsa(メッツァ)】北欧スタイルのメッツァビレッジがオープン!ムーミンバレーパークは3月16日

営業時間:10時00分~21時00分(不定休)
入場:無料
アクセス:西武池袋線飯能駅下車、北口1番乗場より「メッツァ」直行バス(200円)15分で到着
     JR八高線東飯能駅下車、東口2番乗場より「メッツァ」直行バス(土日祝のみ)あり。
イカー:狭山日高ICから県道262号線経由5.4km。
駐車場:有料・・事前予約および時間貸の2タイプあり
住所:埼玉県飯能市宮沢327-6メッツァ

f:id:kanba-office:20181117093533j:plain

森と湖に囲まれた空間で北欧ライフスタイルを体感。
メッツァとはフィンランド語で「森」という意味。先行してオープンするメッツァビレッジでは、北欧の味、スタイルを楽しめるレストランやマーケット、自然豊かな宮沢湖ならではのアクティビティやワークショップが続々展開。

f:id:kanba-office:20181117093651j:plain

ムーミンバレーパーク」は2019年3月16日、オープン!
ムーミン屋敷や物語を追体験できるアトラクションなど、原作者トーベ・ヤンソンが描くムーミン物語の世界観を忠実に再現。世界最大級のムーミンギフトショップにも期待大。
 

f:id:kanba-office:20181118120949j:plain

2018年11月16日、平日ながら天気が良いためか、たくさんの人が訪れている。午前11時に西武池袋線飯能駅に着き、メッツァで食事が出来ない場合を考えて、菓子パンを購入する。北口から発車する直通便のバスに乗車。バスは空いており、内心ではまだ知られていないのかな?と思う程であった。10分程度バスに揺られ、正門駐車場についてビックリする。大駐車場があり、満車の駐車スペースもある。ここは都心から少し離れていることもあり、マイカーでのアクセスが多いようだ。

f:id:kanba-office:20181117093805j:plain

ここ宮沢湖は以前には遊具があり、子供達をつれて遊びに来たことがあり散歩路というイメージと、最近では湖の入口端に「喜楽里」というお気に入りの温泉があり、冬場には何度か訪れる私にとって定番のお風呂ある。
それが、しばらく来ないうちに様変わりしていた。

f:id:kanba-office:20181117093854j:plain

バスを降りて正面エントランスロードを下って行くと、眼前に宮沢湖が現れる。左には「インフォメーション」棟、右には「マーケット」棟・「レストラン」棟があり、まさに北欧の雰囲気に包まれる。
以前の「宮沢湖」が様変わりし感動する。愛犬をつれて来ている人や老夫婦・カップルと様々な人がいて幅広い年代層がきているようだ。

f:id:kanba-office:20181117094009j:plain

マーケット棟に入ってみた。ここは地元食材や名産品が購入でき、また外のテラスでちょっとした食事ができる。

f:id:kanba-office:20181117094209j:plain

さっそくジンのお酒とサイボクのトンテキを買い軽い食事をする。実に気持ちがいい!

f:id:kanba-office:20181117094335j:plain

f:id:kanba-office:20181117094435j:plain

マーケット棟はレストラン棟と続いており、2階へあがる。こちらは北欧の雑貨がところ狭しと並びどれも目を奪われる。なぜか北欧の雑貨には心暖まる気がするのは、私だけなのだろうか。

f:id:kanba-office:20181117094610j:plain

f:id:kanba-office:20181117094718j:plain

屋外レストランの棟は地面一杯にチップが敷き詰められ木の香りが心地よい。各ブースでは軽食が売られ、湖を見ながら食事ができるようだ。

f:id:kanba-office:20181117094827j:plain

次に湖面に沿い、対岸まで歩いてみるが途中で行きどまりとなってしまった。どうやら湖を一周することは今は出来ないようだ。

f:id:kanba-office:20181117095245j:plain

レストラン棟まで引き返し、反対のカフェ&雑貨まで歩く。ここにも北欧のおもちゃやぬいぐるみ、カップ等が売られどれも欲しくなってしまう。

f:id:kanba-office:20181117095343j:plain

イベント広場を通りカヌー工房、ボート乗り場へゆきメッツァの端にたどり着く。

f:id:kanba-office:20181117095503j:plain

ここから先はムーミンバレーパークとなる予定であるが、今はまだオープンになっていないので、その日を楽しみに帰路に就くこととした。

f:id:kanba-office:20181117095149j:plain